So-net無料ブログ作成
検索選択

受け取る

 人生において、嫌だなと思うことをしないといけないときがあります。本当に嫌なことをやる意味が見いだせないときには、大きな被害者意識で生きることになります。その意識から逃れらないことをあります。そんなときに、面倒なことを一杯抱え込み、身動きが取れないことがあります。想像力で小さな問題を大きくしています。嫌なことから簡単に逃れられないですが、愉快ことも周囲には存在しています。そこに気がつくと、人生が変わります。

 生きることは、天(神)から与えられたものを受けとることで出来上がっています。喜んで、感謝して、今の人生でおきることを受けれることができると、自分自身とつながることができます。それができないと、自分の人生に不満を持ち、疎外感を懐くことになります。

 求めたものが与えられることを信じることができれば、積極的に挑戦していきます。そして、強い意気込みで、物事をやり遂げることができます。心にイメージしたことが目の前に出現し、何をやっても、順調に行く時があります。若くて、気力が充実しているときには、奇跡のようなことを経験することができます。ただ、物事がうまくいかない時期もあります。人間の限界、無力さを知ると、自分の可能性を低く見積もり、積極的な働きかけをしないで、受け身の姿勢になります。現実を受け入れることで新しい展開を図ることができます。小さな自分の大きな可能性という表現をします。自分の限界を知ったうえで、できることがあることを知ることができます。

 本当の自分を知り、自分がなすべきことが見えてくると、自然体で生きることができます。いいものをうけとる方法があれば知りたいものです。そのために、自分自身の内面と向き合い、自制心をもって、人生を丁寧に生きることが必要となります。自分の心の波動の周波数を高めることが必要となります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0