So-net無料ブログ作成
検索選択

ジョイ・オン・デマンド

今は、人を幸せ気分にさせるチャンスが多いシーズンです。2日前、人が遊びに来ました。いつもメンバーがあつまると、とんでもなく、楽しいことが目の前で展開していきました。与えるだけでなく、自分がいろんな良いことを与えられることに気づくにはよい季節です。

 ところで、Youtubeのように、ビデオ・オン・デマンド技術の進展で、その場で、要求に応じて、自分のみたい映画を見ることができるようになりました。好きな映画を選択して視聴するように、自分の心に沸き起こる感情も自分が求めているような感じがします。

 「ジョイ・オン・デマンド」本がありますが、誰しも、気分よくなれることはできるものです。幸せ、喜びの感覚も、簡単に手に入りそうです。良いことを考える時間を増やすことです。ジョイ・オン・デマンドという言葉は、生きる上でいろんなヒントを与えてくれます。何も、特別な仕組みもなくて、その場で、気分よくなれることを教えてくれます。子供でも、暇なときに、遊びを考え出しています。楽しい気持ちは簡単に取り戻せるものです。自分の感情もオンデマンド取り出しているので、自分が求めているものが与えられます。

  一瞬、深く呼吸をして、心をリラックスさせることです。少し、落ち着いて、自分の内面に心を向けることです。何に心を向けたらいいのでしょうか?喜びに注意を向ける。身の回りにある喜びに気づき、寄り添う(Attend)ことが鍵です。今という生きている時間を意識します。すると、すでに自分の中にあるJOY(喜び・悦楽)の感覚に気づき、それに触れることができます。それは、トレーニングによって、いつでも意のままに(オンデマンドで)呼び起こすことができるそうです。愛情に満ちた優しさを向ける相手がいれば、その人の幸せを願いましょう。つらいことを経験している人がいれば、その人の苦しみ、悲しさが軽くなることを願いましょう。大きな愛を持っている人がいたら、すでに心の平和を持った人ですので、そのままでいいのかもしれません。

 いろんな条件をつけて、JOY(喜び・悦楽)を味わうことを、控えている人もいます。どのようにして、人に接すると、いいか、考えたいものです。他人の行為に、自分の感情が影響されることは避けたいものです。すべては、簡単な心働きです。日々の生活において他人が自分の期待通りに動いてくれないので、不平不満を他人に対して持つことも少なくありません。いつでもクリアな気持ちで人に接することにしたいものです。その場で、気持ちをすっきりとして、生きていることを実感する方法があるそうです。いやな気持に自分が動かされそうになったら、呼吸に意識を向けることで、少し心が落ち着いてくるそうです。

人處藹然(人に処するに藹然)(出典 『六然』明末 崔後渠(サイコウキョ))
藹然(あいぜん)は草木のよく延びるさま。それよりして人に対してなごやかにのびのび感じさせること。「和気藹々(わきあいあい)」という言葉があります。人に寄り添う真心をもって人に接することだそうです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。