So-net無料ブログ作成
検索選択

愛はすべてを解決する

 今日この日を、私は、心からの愛をもって迎える。なぜならば、これは、いかなる仕事においても、成功するための最大の秘訣だからである。

 テレビを視聴していると、「栗田彰子の生涯 愛はすべてを解決する」の本についての紹介があった。英語で彼女の生涯をつづった本が親族の手で日本語に訳され、ゆかりの学校などに寄贈された。

 栗田彰子さんは日系2世の女性教師です。日本語学校の教師になるという夢を抱き、日米開戦前の38年に母方の実家がある延岡市にカナダバンクーバーから越してきた。文化の違いに戸惑いながらも、宮崎県女子師範学校を卒業。安賀多国民学校に就職した。空襲があった45年6月29日未明、栗田さんは校舎の火を消そうとして焼夷弾の直撃を受け、25歳の若さで犠牲になったそうです。

 ハートの声に従って物事を進めていきましょう。何かをするときには、愛をこめなさい。愛はすべてを解決するから。理屈で切り捨ててしまいそうなことにも、心を輝かす価値を見出すことができます。

心の表現 情緒

  岡潔の本に「情緒と日本人 」があります。表現において、「ある物事にふれたときに起こるしみじみとした感情。また、その感情を誘い起こす独特の雰囲気」である情緒は、大切なものです。展示物にあるアンバランスで、不調和なもの、心の闇、ノイズを感じさせるものを無くして、統一感、旋律、調和、バランス、簡潔さ等の細部までこだわりたいものです。日本文化の「かわいさ」という言葉があるように、展示物が、その表現を見人に好印象をもってもらうために、心づかいが忘れないようにしたいものです。

 色彩心理のよれば、色は感情のはけ口であるようです。イベントの展示で、パワーポイントプレゼンテーション内容、動画、展示パネルには、色彩豊かで、洗練されて、細かい配慮のあるものから暗い色使いで、粗雑なものまで、様々であり、製作者の性格を物語っているように思えます。

 パワーポイントで、彩度の低い青、緑、茶、グレーを背景に使っている人がいて、その人の状態を推し量ると、気の毒な感じがします。展示物でなく、いろんな行動をみて、人の心の動きがわかります。一言でいえば、それは、心の表現だからです。展示物を見る人の心を、元気させて、エネルギーアップさせる色使いにしたいものです。

赤:エネルギッシュで心身に活力があり、全般的に前向きなやる気が出ている時。何か新しいことに挑戦してみようという時、難しいこと立ち向かわなければいけない時には有効。でも一方で攻撃的な状態であるともいえるので、攻撃性が過剰になりそうな時は緑や青を使って、冷静さ、客観性を補いましょう。


青:とても理性的で、自分の感情をうまくコントロールできる時。心身の疲れも少なく、安らいだ状態に近いかもしれま  せん。でもあまり理性的になり過ぎると、本音を正直に言えなかったり、理屈の通らないことは許せなかったり…それでストレスが溜まりそうになったら、少し赤やオレンジで気持ちを和らげて。 

黄黄:周囲の人と明るいコミュニケーションがとれる開放的な状態。新しい人脈づくり、交際を広げるチャンスの時。新しいアイディアを考えるのにもいい時かもしれません。ただ面倒なこと、困難なことは避けたいという逃避的な面もあります。そんな時は茶色を使って堅実性を補ってください。

緑:優しく穏やかな気持ちで、何事も平和に解決できる安定した状態です。同時に悩み事の相談にのってあげたり、助けてあげた時には心から感謝してもらいたい、という心の充足感が欲しい時でもあります。睡眠不足など少し身体が疲れている時も、緑がが気になることもあるので、疲れを感じたらゆっくり休養をとりましょう。 

オレンジ:社交的で家族、会社、仲間といった中で強い人間関係を結びたいという気持ちが働いている時にオレンジが気になります。離れていた家族や友人との人間関係を取り戻すにはいい時期。ただあまりに仲間意識の強さからおっせかいにならないように、青や黒を使って他人の個人主義も認める割り切りを。

紫:感受性が豊かになっていて、芸術や神秘性に惹かれる時。直観力も鋭くなっています。何か芸術的なものに触れてみるにはいい時期。新たな自分の感性が開花するかもしれません。ただ自分の世界観に固執し過ぎて協調性に欠けることも。そんな時はオレンジを使って人間関係を回復しましょう。

ピンク:優しく穏やか心で、愛情と生命力に溢れている状態です。他人に対する行き届いた気配りが自然にできる時。親しい友人や家族の相談や悩み事を聞いてあげるにはいい時期です。反面、自分自身も誰かに甘えたい、優しくしてもらいたいという欲求の強い時でもあります。

茶:自信と感受性が豊かになっていて、物事を堅実に捉えようという意識が高まってきている状態です。長期的な視  点で何かを計画する時にはいい時期。しかし、あまりに堅実に物事を考え過ぎて、地味になったり、孤独になったりすることもあるかも。時には黄色やピンクのコーディネートで明るさ、賑やかさを。

グレー:少し神経質になって気持ちが不安定な時かもしれません。何事にも消極的な気分の時。しかし反面、自分の意志や欲求を除外して、何事をも受け入れられる忍耐力のある時期ともいえます。自分を抑えて我慢し過ぎないように、黄色やオレンジで弱音を言える友人を探したり、赤で気分を盛り上げましょう。

黒:周囲から強く見られたい、威厳を保ちたいという意志の働いている時。内面に秘めた弱さを人に悟られたくないと  いう気持ちもあるかもしれません。また今苦境にあるとしたら、その状態から何とか抜け出たいという強い意志、可能性を秘めています。黒は不屈の精神、根性、自信を与えてくれる色です。

白:心身が浄化され、素直で明るい心の状態。強い誠実さ、潔癖性を求めている状態でもあります。しかし、困難  な事に自らの考えで立ち向かわずに、自分で考えることを放棄してしまっている時も白が気になります。そう感じた時は、赤で困難に立ち向かう意欲、黒で何事からも逃げない強い意志を補いましょう。

台風12号とイベント

 気がつけば、今日がイベント当日です。イベントの準備で、広告のポスタービデオで、2週間ぐらい朝方まで修正を行ってきました。コンセプトとそれをどう表現しきれるかで、受け手に与えるインパクトが決まってきます。「ものに触れながら、技術を理解してもらう展示を考えています。」気になるところを少し変えるだけで、時間が取られます。。『神は細部に宿る』 という、言葉がありますが、小さな手を納得できるまで、加えていきます。ちょっとしたことを積み重ねると、時間がいくらあっても、足りません。どこかで、妥協して、最終版を仕上げようと思います。広告のビデオの長さは、3分30秒程度、わかりやすくすることが、鍵です。

 台風12号が九州の北を通過しつつあり、参加者の数は、心配したほどの影響を受けずに連年より多くて安心しました。イベントは天気の影響を受けますので、問題もなく、通りすぎてしまいました。近くDoItYourselfのハンズマンさんでは、一階の花、植物が風の受けて、撓んでいました。商品として、問題がないように、少し心使いが必要です。勿論、仕方ない感じもしました。

プロモーションビデオ

 オープンキャンパスは受験生を直接「よろこばす」大事な場だそうです。キャンパスに来た高校生をどのように出迎えるか、在学生にどのような役割を持たせるか、そして一度来た高校生をどのように受験、入学までつなげるか。難しい問題があります。

 学校のブランド力を上げる上で、「ひろげる」「とがる」「よろこばす」というキーワードがあるそうです。力のない組織は、ポジショニングとして、メインストームから離れた、だれも目をつけていない隙間を探すことが懸命です。高校生向けプロモーションビデオの作成の予算がなくて、自分で作ることにしました。有アマチュアでも、とりあえずコンテンツをつくろと、短期間で、作ってみることにしました。有料の著作権フリーのコンテンツの一部を使い、なるだけ手間をかけないことにしました。実際は、納得するものを作るには、プロの手をかりることが必要です。

 リクルートのような組織は、高校生の進路選択に関する調査を行い、プロとして、マーケティングを行っています。高校生の進路選択プロセス(行動・意識)を中心に、進路選択に際しての情報源、進路指導の内容と影響などを把握し、高校生の進路選択の現状を明らかにしています。最近、大学も、いろいろと、高校生集めのために、広報を行っています。

 市場調査もせずに、思い込みで、広報をしていても効果がありません。世間の認知度が低く、ブランド力がないうえに、発信内容や発信方法を改めないままに、自分たちが打ち出そうとしているイメージと、その受信者が感じるイメージにズレを修正できません。ターゲットである高校生が、何に関心があるのか、高校生の目線で見ることは、難しいと感じました。


清掃ボランティア

 江津湖公園の清掃ボランティアが土曜日にありました。江津湖は、熊本市の中心部から南東に約5km。長さ2.5km、周囲6kmの湖です。その湖水面積は約50haで、上江津湖と下江津湖に分かれた『ひょうたん型』をしています。初めての場所で駐車場があるか、不安になり、早めに家をでました。車もすいており、公園に集合時間1時間前に着きました。

 広い芝生エリアや所々にある浅瀬の水辺での親水空間や動植物の観察デッキなどがありました。公園を散策すると、朝早くからウォーキングランニングをしている市民の方、ランニングしている部活の高校生のグループ、釣り糸を立てている人、湖でボートをこいでいる人、Yogaの練習を始めている人等、様々な人がいました。天気予報では、雨は降らないはずでしたが、今にも崩れそうな天気を見上げて、みんな参加してくれるか、少し心配になりました。

 予定通り、10時から12時まで、配布されたシャツを着て、200名あまりの集団で、広い公園の一部を清掃しました。湖のいろんなゴミが湿原の岸辺にありました。公園を管理する人も、ゴミが多くなると、手に負える状態でありません。清掃ボランティアの人も、雑草を切り取ったり、ゴミ拾いをしたり、大活躍です。人数が多いと、少数でやるようも、効果的です。心配した天気が崩れたのは、清掃ボランティアが終了してからでした。

たまの贅沢:夏の美味いもの

 どの店に行こうかというアイディアもなく、同僚と食事に車をレストランの多いエリアに走らせました。ふと思いついた店に入ってみると、それなりに、美味しいものに出会えます。いつも、通っている道路沿いに、生パスタの店 「パスタリスタ」(http://pastalista.jp/menu/tomato-sauce-pasta/)さんがあり、入りしました。夕方8時半くらいでしたので、落ち着いた店内で、ゆったりした気分になれました。

 生パスタの専門店の生パスタは「デュラム小麦」の中でも最上級「アンバーデュラム」の中心部分のみを原料とし、練り込みからプレスに至るまで、イタリアの伝統方法そのままに製麺します。そして一晩、限りなく自然に近い状態で低温乾燥させて完成した生パスタには、独特の食感と風味があります。
 
  あつあつの生パスタに自家製トマトソースと、たっぷりの具を絡めて美味しくたべました。PASTALISTAのナポリピッツァは、生地から全て手作りで、外はカリッとしています。中はモッチリのピッツァマルゲリータを、同僚とわけました。

 食事は、健康的なものを、いつもその場限りの間に合わせで食べて生きていますので、たまの贅沢は、心を満たしてくれます。

 

自分の言葉を持つ人になる。

 平山綾香のジュピターなど、30年間で1000曲あまりの作詞をしてきたプロの作詞家吉元由美さんが、「自分の言葉」をもつために必要なメソッドをはじめて公開しています。『言葉』に自らの思いやイメージをのせながら、それを豊かな感性で組み合わせることによって『自分の言葉』が生まれる」と説かれていますが、感性を磨くことは、簡単ではりません。心が輝いていないと、いい文章はかけません。彼女自身が生きることのテーマ:「幸せになりたい」「もっと素敵になりたい」「なんのために生きるのだろう」をもって、人生を積み上げながら、言葉を紡いでいます。若い人の思いを知り、伝えたいメッセージを言葉にします。

 自分の言葉を持ている人は、しっかりした自分の生き方をしています。経験を豊かにすることが、いい文章を書くためのコツになります。自分らしく生きるとは、持って生まれた私たちの中の宝物を生かしながら人生を創っていくことだそうです。いろんなルールに縛られると、自由に、素直に心を表現しにくくなります。自由に感じることを阻害するものがあります。
   
 ワクワクするもの、素敵なもの、美しいものに囲まれて、生き生きと生きている人の言葉には、エネルギーがあります。自分の好奇心に素直でいるように、心がけましょう。おもしろそうなことを見つけたら、迷わず、一歩踏み出すことです。心のアンテナを広げてインスピレーションを働かせましょう。りラックして生きていると、周囲と調和してきます。静かな時間を持つと、自分の内側が見えて、ひらめきををキャッチできるようになります。直観を信じて、行動を取ってみましょう。物事に触れて、喜び、楽しさ、うれしさを味わいます。物事をどのように感じるかで表現が変わってきます。

心を動かし、人して喜怒哀楽を感じる。感性を磨くと、言葉が生きてきます。言葉は、人なりがあらわれます。心が惹かれ、はっと心を動かすことに触れてみましょう。自分が感じることができないことは、言葉にできないので、世の中の人々の心と共感できるものを多く経験することで、表現力が高まります。切ない感情を、生活言葉で、簡単に表現すると、人の心に訴えるメッセージとなります。言葉の使い方に人の心の状態があらわれます。プロの作詞家の方は、言葉を紡ぐことを生業にしています。人生は、大切なものとの出会いと別れがあり、胸を締めつけられるような気持ちを味わいます心を削りながら、心の響くことを探しています。

 小学校が目の前にあり、毎日、小学生が通学するところを通って通勤します。駐車場にいくときに、見知らぬ小学生が挨拶をしてくれます。小学生の表情、服装、足取りを見ても、生活のリズム、多種多様な個性が見えてきます。気づいたり、感じたり、感じ取る能力をフルに働かせることで、印象として、感じ取ることができます。。

心痛を乗り越える強さ

 失恋のように、幸せの絶頂から失意のどん底に突き落とされることがあります。心が張り裂けたるほど、つらいときに、何が心の支えになるのでしょうか?私たちは、人には、それを乗り越える心の強さがあると、信じたいと思います。何度も試練を受けながら、そこから立ち上がる力を持ち、それを生きる糧とします。私たちはいろんな荷物を背負っています。試練に出会い、新しい恵みと希望を見出す人がいます。試練に向き合うことで、その荷物が軽くなります。

 生きる勇気とは、試練を新しい出発として、感謝をもって受け止めることです。

 人間は、これまで、いろんな危機を乗り越えて、生きています。それまで、大切に思っていたことを手放すのは、つらいものです。トラウマになったり、諦めて、意欲を失うことが怖いものです。精神的な危機は、成長のチャンスであると考え直すには時間がかかります。それまで、自分の精神的な拠り所となっていたものを手放すのは、つらいものです。結婚していて、パートナーと別れると、心が痛みます。あなたは、いらないとリストラ対象になって、次の会社を探すようにいわれたら、途方にくれます。大きなミスをして社会的な制裁を受けることも、あります。みんなが注目している場面で、考えられないミスをしてしまうこともあります。

・イングランド女子サッカーのDFバセット選手も、オウンゴールで「心が張り裂けた」と心境を語っています。後半アディショナルタイムにMF川澄奈穂美のクロスのインターセプトを試みると、クリアしたボールがループ気味の軌道を描きクロスバーに直撃してゴールに入った試合終了後は号泣し、チームメートに抱きかかえられたシーンが印象的でした。「このチームのために献身的に頑張ってきたみんなを見ると、何よりもつらいの。みんなが、イングランドが初めてやれる(優勝できる)と信じていたのよ」「マークのスタッフたちがどれほど働いてきたか、みんながこの夢のために、私たち選手のために、どれだけ献身的にやってきたか、私はよく知っている。私をずっと支えてくれた。感謝したい」

・債務危機にあるギリシャでは、一般市民が苦しんでいます。3つの銀行に足を運んできたという年金生活者が4つ目の銀行で、「120ユーロ(約1万6000円)は引き出せません」と告げられました。「自分の国がこれほどの窮地にあることに耐えられなかった」「すっかり打ちのめされた。個人的な問題よりこたえる」「パンを買うのに数セント恵んでほしいと言っている市民もいるし、自殺者も増えている。私は繊細な人間なので、自分の国がこんな窮地にあるのを見るのは耐えられない」

・韓国MERSコロナウイルスの流行も、他人事でありません。4日、主要な感染源となっている、サムスン病院で、新たに1人の25歳の女性医師の感染が確認されました。サムスン病院の医療スタッフの感染確認は3日連続だそうです。韓国で最初にMERS感染が確認されたのは5月20日で、185人目の感染者で、感染の規模はサウジアラビア以外では最大となっています。

・トヨタの渉外・広報本部の副本部長で常務役員のジュリー・ハンプが麻薬取締法違反(輸入)の疑いで引責して、辞任届を提出しました。ジュリー・ハンプは、米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)に25年間勤務したベテランで、ペプシコのコミュニケーション担当上級副社長もつとめています。トヨタの渉外・広報本部の副本部長で4月に常務役員に就任したばかりでした。順調なキャリアの生活を送って優秀な女性でも、内面的な弱さをもっていまし、ちょっとしたことで、地位を失います。

・米フェイスブックCOO(最高執行責任者)であるシェリル・サンドバーグさんは、女性で他の人から羨望されるような成功を収めています。彼女は、オンラインアンケート作成ツールを提供する米サーベイモンキーのCEO(最高経営責任者)のデビッド・ゴールドバーグと結婚して、女性の幸せを手にいれました。ところが、今年の5月に、最愛の伴侶を突然失いました。主人が47歳の若さで旅行先のメキシコのランニングマシンで運動中の事故に見舞われました。、

 ゴールドバーグが二人の生活について。、幸せそうに語っていました。「子供が生まれてからライフスタイルが変わったんだ」。結婚するまでは相当なハードワーカーだった彼も、子供の誕生とともに、それまでの生活を大きく改めたそうです。
  
 シェリル・サンドバーグさんは、「デーブと私は十分な時間を一緒に過ごせませんでした。この数日間、まったく予期せぬ地獄のような出来事に心が打ちのめされましたが、同時に同じくらいの感謝の気持ちがこみ上げています。人生の最も暗く、悲しい瞬間に、今までどれだけ私が幸運だったのかを知りました。もし彼との日々が最初から11年間で終わってしまうことをあらかじめ誰かに聞かされていたとしても、私は彼と共にこの道を歩んできたでしょう」




身体的な魅力と健康

  私たちが、人目の見て、心が明るく、健康的な体型、容貌の人は、美しいと感じる可能性があります。心が暗く、不健康そうな人を見て、身体的な魅力を感じる人はいません。魅力的な身体的特徴を持つ人は健康である可能性があります。

健康の表現型マーカーのような身体的な魅力について
米国成人の全国代表的なサンプルを使用して評価

フロリダ州立大学  Nedelec, Joseph L.; & Beaver, Kevin M

特定の特徴の選好の差に関する進化の説明は、嗜好が原因で生殖の適合性が増加した可能性に関連したを持つ遺伝的特徴のために「選好」生じたことを示しています。

Evolutionary explanations regarding the differential preference for particular traits hold that preferences arose due to traits’ association with increased potential for reproductive fitness.

 身体的魅力の評価は、知覚と測定された健康のレベル、重要な適合性に関連した特徴に関連することが示されています。

Assessments of physical attractiveness have been shown to be related to perceived and measured levels of health, an important fitness-related trait.

 現存する文献で観察された身体的魅力と健康との強固な関連性にもかかわらず、理論と方法論の数々の問題が残っています。

Despite the robust association between physical attractiveness and health observed in the extant literature, a number of theoretical and methodological concerns remain.

  具体的には、この分野の研究は、健康の測定の点で特異性が懸けていること、物理的な魅力を評価する点で、人為的・社会的な対応(相互作用)に依存していること、比較的少ない学生以外のサンプルの使用があげられる。また、取り組まれていない魅力の評価者の混同しやすい効果が残っています。

Specifically, the research in this area possesses a lack of specificity in terms of measures of health, a reliance on artificial social interactions in assessing physical attractiveness, a relatively infrequent use of non-student samples, and has left unaddressed the confounding effects of raters of attractiveness.

 これらの問題を踏み台として使用して、物理的な魅力と健康の様々な具体的かつ総合的な施策との関係を評価するために、現在の研究では、米国の縦断的研究から大人の健康のためのデータ(25才から34才、サンプルN≈15,000)を使用しました。

Using these concerns as a springboard, the current study employed data from the National Longitudinal Study for Adolescent Health (N ≈ 15,000; aged 25 to 34 years) to assess the relationship between physical attractiveness and various specific and overall measures of health.

 ロジスティックとOLS回帰モデルは、様々な交絡因子を制御しながら、物理的な魅力と健康の各種指標の間の強固な関連性を示しました。

Logistic and OLS regression models illustrated a robust association between physical attractiveness and various measures of health, controlling for a variety of confounding factors.

要するに、慢性疾患や神経心理学的障害の広い範囲で、より魅力的である回答された人ほど、男・女にかかわらず、病気である診断の報告された可能性が低いと、評価されました。

In sum, the more attractive a respondent was rated, the less likely he or she was to report being diagnosed with a wide range of chronic diseases and neuropsychological disorders.

重要なことに、この発見は、男女においても、観察されました。 これらの分析は、健康の表現型マーカーなどの物理的な魅力のためのさらなるサポートを提供しています。

Importantly, this finding was observed for both sexes. These analyses provide further support for physical attractiveness as a phenotypic marker of health.

これらの調査結果を、進化論、研究の限界、今後の研究提案に関連して議論します。

The findings are discussed in reference to evolutionary theory and the limitations of the study and future research suggestions are also addressed.

出展
Nedelec, Joseph L.; & Beaver, Kevin M. (2014). Physical attractiveness as a phenotypic marker of health: an assessment using a nationally representative sample of American adults. Evolution and Human Behavior

人を見た瞬間の印象:温かさ

 人を見た瞬間の印象で人のイメージを頭に浮かべます。私たちは、初対面の人に対して1/10秒で温かい人であるかどうかを判断するそうです。相手に対してどのような対応をするか、とっさの判断で決めて、行動に移す必要があります。よく知っている人でも、相手の表情を読み取って、不機嫌そうなら、避けるかもしれません。衣装と同じように、顔の表情も大切です。

 ある研究者は、強さと温かさを指標として、人を判断すると、語っていました。父親は、強く、母親は、温かいのが好ましい面があるからかもしれません。強さとは、リーダシップがあり、世界を動かす「能力」と[意志力」です。強さは、筋肉のように意志力が鍛えることができるそうです。温かさとは、「共感」「親しみ」「愛」です。強さは自己主張、ワンマン、恐怖を、温かさは、愛を呼び起こすそうです。

 共感とは、相手の立場に立って考えることです。相手の気持ちを知り、一人ではないと相手に寄り添うことで、情緒的共感が生まれます。イギリスの女子サッカー選手がワールドカップでOGで日本に敗退しました。試合終了と同時に泣き崩れ、チームメートから介抱される姿が世界中の人から心配の声が聞かれました。「誰かと痛みを分かち合い、相手の身になって考えることで人間らしくなります」認知的共感とは、相手の立場を理解して、積極的に感情移入することだそうです。親しみは、相手が自分と同じであり、好ましい感情を抱かせます。警戒心を解き、普段通りにリラックして振舞えます。こころを身近な人と同じようにオープンにすることができます。愛とは、溢れんばかりあたたかい感情で、恋愛、性愛、愛着などの親しさの度合いが変わってきます。

 テストステロンは、男性的な強さと決断力に関係しているそうです。ストレスにさらされると、アドレナリンが出て、臨戦態勢を整えてくれます。コルチゾールは、ストレス、不安に関係し、過度な不安になると、分泌量が増加します。エストロゲンとオキシトロンは親しみに関係しています。エストロゲンは、他人への共感、オープンな感情表現、人とふれあいを好む性質と関係しているそうです。オキシトロンは、安らぎやくつろぎと関係し、温かさを感じたり、仲間意識、信頼感を育みます。

 人間は、視覚的情報でものごとを判断するそうです。笑顔、そのものを温かさを演出します。私たちの脳は笑顔を見ると、幸せになれるそうです。顔立ちもインパクトを与えるそうです。美しい人が微笑みかける笑顔をしていると、好ましい印象をもちます。顔立ちが整った平均的顔に近いほど良いそうです。温かさで人の心を掴む場合ことで自然にできる人、できない人がいます。強さが邪魔することがあります。有能で強い女性になると、温かさがないように思われる場合があります。この人は一緒にいて、楽しいと思わせるには、多くの要素があります。