So-net無料ブログ作成

多様性を育む

 高い選択基準でも、人が集まる会社がいい会社です。高い選択基準になると、それを満たす人がいなくなります。エリートの集団になると、誰でも入れなせんが、基準を下げると、集団の質が低下します。大風呂敷を広げると、いろんなものを包みこむことができます。

 誰でも、いらっしゃいと、やる気のある人を集めて、人を育てることには苦労がともないます。人は思い通りに素直に育ってくれないので、ストレスがたまります。現実の組織は、いろんな矛盾だらけの様に見えますが、それでも、置かれた状況で社員を育ています。実際に育った社員が精いっぱいは働いて組織を動かしています。

 いろんな個性のある人を組織に入れて、その人が光輝く場を提供すると、組織に多様性が生まれてきます。多様性のある集団では、いろんな価値観の人がそれぞれの長所で輝く可能性があります。ある面から見て優秀な人は他の面から見たら優秀でないような感じがします。次から次に人が育っていきながら、優秀な人の数が多い集団は理想的ですが、人材に恵まれない集団もあります。強気な発言で、「うちは優秀な即戦力しかいらない」という会社では、いい人しか、残れないように思えますが、一歩、間違うと、人を育てられずに衰退していきます。

 折角、育てた人が他の会社に移っていくことがあると、悔しい思いをします。社員に十分な給料が支払いできない会社では、いい人が集まらずに、苦労が絶えません。問題のある人をうまく一人前にすることができたら、それなりに組織を継続できます。社員の待遇を良くでいないと、最近は、ブラック企業であると、いわれかねませんが、ない金を出せないというのが、厳しい会社の実情です。「人をうまく使い、戦力にして、定着させる。」欠点に目をつぶることで人を活かすことができます。駄目な部分があってもその集団にしてなんらかの貢献ができることが理想です。気長く、できるところをやってもらう。

 厳しい実情に向き合いながら、事業を継続している会社の姿を見ると、胸が痛みます。資金力があるところと、資金力がないところとは、戦略が異なります。それぞれ抱えている問題が異なるので、個別なやり方が求められます。何が大切であるか、組織によって課題があります。ある集団に通用するやり方が他の集団では通用しません。

おもてなし

 ときどき日曜日に遊びやってくる人がいます。気軽に人が遊びに来てくれるのはありがたいことです。いろんな貴重な話を聞かせてくれるので、自分の人生も豊かになります。いつでも応じられるにしています。人間関係の緊密さは、お互いに出会う頻度に関係していますが、これは、途切れそうで途切れない位の関係です。

 今日は、二つのグループが事前に連絡もなく、遊びにやってきました。たまたま、ジュースとケーキがあったので、来た人に対して、おもてなしをすることができました。一方のグループと2時間余り貴重な話が聞くことができて、有り難く感じました。一つのグループとの話が終わろうとする頃に、次のグループがやってきました。次のグループとは、いつもの食事会です。焼肉屋さんとスターバックコヒーのコースでした。美味しいものを食べながら話をすると、会話が弾みます。定期的に会うことで、それまでにあったいろんな出来事を知ることができます。

 日曜日に母の病院の見舞いも行くので、そろそろ遊びにくるなという予感がしたら、来そうな時間を予想して他の予定と重ならない様に待っています。

幸せの受けさら

 知り合いの結婚式に出席して、こちらも晴れやかな気分になりました。厳かで二人の愛の誓いを立てるだけなく、ご両親、お世話になった人への感謝でもあります。新しい人生の門出を皆で祝うだけなく、二人の幸せを出席者と分かち合う儀式のようです。人生ってこんなに素敵で楽しいものということを思い出した一日でした。

 友人関係から始まり、自然に人間関係が深まり、気がついたときに人生を支えあう存在となっていたようです。10年間の交際の末に、お互いの愛をつなぬき、晴れて結婚できるカップルの姿を見て、こちらのその幸せのおすそ分けを頂いような感じがします。お互い絵になるような美男美女のカップルで華やいだ中で結婚式は進んでいきました。男性は、一見したら、クールで、完璧そうにみえますが、よくよく考えると、ただ、生き方が器用でない部分、どこかが抜けています。そこは欠点であり、魅力となっています。女性の方がうまく補って、支えてくれています。お互いが相手のことを必要としており、補いあえる関係はうらやましいものです。人間味を感じさせる二人でした。結婚式は、スタートラインです。幸せの受けさらとして家庭をきづいていけたら人生の豊かさを受け取ることができます。

 バイト先で素敵な女性に出会い、学校よりもバイトに夢中になり、卒業を1年伸ばしてしまいました。人一倍責任感の強いがゆえに、この決断をするまでに10年間いろんなことがあったようです。若い世代は、人生の時間が長いので、将来性という豊かさは何事に代えがたいものです。さらにこれからの人生において、これから出会う楽しいことが待っています。

愛=つながり

 ある物理学者の話です。「一つの魂が二つに分かれて、4つ、8つ、16と分かれて今の私たちになったから、私たちの魂は、もともと一つであったので、つながっている。そのつながりを感じることが愛である。」

 ただ、分化してしまうと、お互いが繋がりを感じられないことになります。他人ごと、自分には関係のないことになっています。

 マルサスは著書『人口論』の中で「人口は等比級数的な増大をする」と説いています。底a の指数が 1, 2, 3, … と増えていくような増大です.底a が2で、2 4 8 16 32・・・・2のn乗で増えていくと、n=27位で1億3千万(2の27乗=134217728)になります。2人から1億人になることになる時間は、それぞれ2倍になる時間をTnとおくと、T1+T2+T3+・・・・・+T27となります。自分の周囲にいる人も、1+T2+T3+・・・・・+T27世代さかのぼれば、なんらかの関係(つながり)があるような感じがします。

 単純化するとわかりやすいですが、各世代nで2倍となるTnの時間が正確にわかりません。

13歳の少女が見た沖縄戦

 安保、沖縄の基地問題で、戦後でありながら、課題は残ったままです。戦争の記憶を正しく伝える人が少なくなり、安田未知子さんの「13歳の少女が見た沖縄戦」は貴重な経験を本として後世に戦争の戦慄させる過酷さ、悲惨さを伝えてくれます。彼女は、沖縄県立第一高等女学校の校長と牛島満中将の伝令役として戦争に参加しています。

 当時、校長からの命令で、未知子さんは、卒業生のお姉さんたちに向けて手紙を書かされました。「親愛なるお姉さまたちが国賊と言われるのは辛い、一緒に沖縄戦を戦ってください」と。ほかの県に進学が決まっていたお姉さんたちは続々と戻りました。もし、手紙を書かなかったら、多く若い命が散ることはなかったのにという思いが戦後ずっと胸をしめつけたそうです。
 
 牛島満中将は、沖縄戦の司令官になったときから、軍人として覚悟はできていましたが、「県民のことを深く考慮せずに司令部の南部撤退に踏み切り」沖縄県民の多くを犠牲にしました。もし、選択肢の中に降伏することがあれば、多くの命は犠牲にならないですんだはずです。ほかの司令官ならば犠牲者を減らせた可能性は多くあります。


変化できること

 
 新社会人として働きだした人が遊びに来ました。その友達のもう一人は社会人3年目です。平穏そうに見える人生でも実はいろんな経験をしています。上司にいじめられて欝になり、新しい会社にかわっています。気がつけば、時間が流れています。一緒にいた人は新しい冒険をして、新しい出会いに満ちています。新しい冒険には、もちろん、失敗をあります。どんどん行動していくことで学びがあります。同じところにとどまって、いつも同じ風景では、成長がありません。

 人生では、いろんな出来事に出会います。生きることが下手な人は気づきが少なく、人生を味わっていないことです。人生には遊び心、楽しく力も大切です。人生の楽しみを味わい、自分に与えられているものをうまく活用することです。

「本当の自分はすべてをもっています。すでにあることを思い出すことです。正直さ、信頼、寛容、忍耐、思いやり、オープンさ。柔軟さ。しなやかさ。」

 今という時間の中でいろんなチャンスが巡っていきます。人生の習慣から脱出するチャンスです。変わっていける能力が求められています。人生では、どのように変わっていくかが、問題です。人生には、変化していくものが満ち溢れています。物事には、タイミングがあります。自分を不自由にして囚われの状態にする考え方に自縛されていると、それを掴むことができません。変わらないものを見出すのは難しいように思えます。

 いいことに巡り会いたいならば、自分と向き合って、対話をしましょう。自分がやりたいことは何かをはっきりさせましょう。うまく働きかけていきる人は成長しています。今を自分がしたい事を後回しにしないで、心から楽しいことに時間を割きたいものです。巡りという言葉があって、自分のしたことが自分にめぐって来ることだそうです。いろんなことに合わせて自分も変わっていくことが大切です。


 

 

 

良い問題

 この世の中には、良い問題と悪い問題があります。良い問題に取り組むと、傾注した努力と得られる結果に、正の相関があります。悪い問題に取り組むと、傾注した努力と得られる結果に、負の相関があります。人生の問題において、自分で選択して、良い問題に取り組みたいものです。

 学校の試験において学生は教師から与えらた問題を解かないといけないので、大変です。すばらしい教師だけなく、教師自身も手探り状態で、問題ができない理由を学生に求めがちです。学生、生徒が点数を取れないのは、必ずしも学生、生徒が悪いといえるだろうか?試験問題にも、良い問題、悪い問題がありそうです。試験をするまでに、点数が取れるように、演習を何度もさせて、レベルアップを図るだけなく、学生、生徒のレベルに問題の難易度をうまくあわせることも必要です。もちろん、全国で比較するような場合、一定の基準を満たすような試験も必要です。

 コンピュータ数値解析で、不良設定問題で、不安定な現象を解析するのに、解が収束しないことがあります。非線形系の問題で二つの状態を遷移する過程を解析するときに、初期値の与え方で、解ける問題も解けなくなることがあります。逆に、良設定問題があります。ジャック・アダマールによれは、物理現象の数学的モデルは、(1)解が存在する (2)解が一意である(3)パラメタを連続的に変化したとき、解も連続的に変化する ことが必要であるそうです。

 企業の技術者から技術協力依頼で、画像処理の問題をこのひと月あまり取り組んでいます。最初の1週間は、ノイズが多い画像で、あらゆるアルゴリズムを試みましたが、すべて満足した結果が得られませんでした。途中で、あるアプローチを試みてから、物事がうまく解決できるようになりました。問題をうまく設定できれば、期待した通りの結果が得られます。




経験は貴重

 秋も深まり、のんびりした一日を過ごすことができました。金曜日に、いろんな仕事のしめきりが集中して、うまく乗り越えたので、平和でのんびりした一日になりました。よく晴れた青空、心地良い風が吹いてきます。自販機でコーヒーを買い、風の通り道にある広場の段差の部分に腰掛けて、休憩を取りました。いい所に場所を移動すれば、気分爽快ですがすがしさを手にいれることができます。折角の休みですから、楽しいことに心を向けると、心が弾んできます。

 いい事が置きやすい人、悪いことがおきやすい人、心の習慣が関係しています。心の焦点は、何にあわすかによって見えてくるものが違います。心の焦点は、不安なことに合わせてしますと、いやなことを考えはじめす。人生の転機となることがやってきます。好ましいことは長く続きません。ある日、それまであったものが消えてしまうと、不意に状況が変わってしまいます。今ということに、執着していくと、不自由になります。自分に不都合なことが起きると、その原因探しを始めて、他人のせいにします。不都合なことは、仕方ないと、あきらめるしか、ありません。対応を誤ると、連鎖的にいろんなことを引き起こします。どこかで、それをやり過ごしして、身軽になることが必要です。

 不都合なことは、起きる可能性が高かったことには違いありません。もちろん、自分の人生の周りには、問題を引き起こす人がいます。環境を変えない限り、同じようなことが何度もおきてしまいます。心配事、辛い事がまたやってくるのではないかと、頭でシミュレーションをしてしまいます。先行きの不安に過剰に反応する人はうつになりやすいようです。過剰に元気な人の周囲に、心に問題を抱える人が多く発生しています。人のエネルギーを奪う人、奪われる人、その関係は長く続きます。人のエネルギーを奪う人は、自己中心で、人の迷惑を考えずに、自分の利益をうまく最大化しています。自分が楽しくなるように、自分の立ち位置を変えています。

 よく現実を見ると、正と負のバランスは取れています。人生の対価を支払っています。何かを手放して何かをえています。エネルギーを奪われる人、損ばかりしているような人でも、周囲はその人を支えるために、いろんな応援をしています。被害者意識を持つと、自分が所与のものに気がつきません。負の経験というものも、人間を成長させてくれる面があります。気持ちが重たくなるような、大変なことでも、うまく対処すれば、いい経験になります。この短い人生で経験できることはそれほどたくさんありません。問題を抱えこまないで、うまく手放すと自由に生きることができます。

 闘病中だったフリーアナウンサー・黒木奈々さんがなくなりました。それぞれ、持っていた人生の役割がありますが、高校の後輩で活躍されていたので、残念です。






桜の花

 美しい秋の平和な風景を愛でながら、楽しんでいました。阿蘇山が先日噴火してニュースで大騒ぎしていました。遠くに阿蘇の外輪山の噴煙が見えましたが、距離が離れると、大したこともないように思いました。確かに、硫黄のニオイがすると、鼻の敏感な人はつぶやいていました。桜島の灰に比べると、阿蘇山の灰は、大したこともないように思えます。桜島のように灰が降るのが日常になっていると、ニュースになりませんが、ちょっとした灰でも阿蘇山はニュースになります。
 桜の花がこの季節に咲いています。台風のあと、急に冷えて、暑くなったからか、桜の木も勘違いして咲いたようです。

会話のマナー

 マナーとして、人の話をしっかりきくことが大切です。人と会話していて、心配ごとが発生すると、心が他のところに飛んでいきます。相手には非常に失礼ですが、相手の言葉が頭に入ってこなくなります。目の前のことに集中できない状態です。もう、一度、お願いと、聞き返すことになってしまいます。想定外のことが発生した場合には、理由を説明して、会話を切り上げて、心配ごとの対策を取る方が望ましいことになります。人の話をしっかりきいているときには、相手に頷くだけなく、うまく相槌をうつことができます。相手に対して、肯定的であるとき、好意があるときに、それが相手に伝えると、会話がうまく進んでいきます。「さしすせそ」の相槌がありました。
 
 さ:さすがですね。
 し:知りませんでした。
 す:すばらしいですね。
 せ:センスがいいですね。
 そ:そうですよね。