So-net無料ブログ作成
検索選択

人生の選択

“When someone would mistreat, misinform, misuse, misguide, mishandle, mislead… or any other "mis"… to others, they’re obviously missing something from their lives.”
― Donald L. Hicks, Look into the stillness

人生においていろんなバランスが必要です。
意外なミスをしてしまうものです。
ミスをすると、人生において何かが欠けます。
だだ、大事なものが欠けている人生は
さびしいものです。

若いときに、やるべきことをしなかった人生は
それなりに取り返しがつかないことがあります。
人生で嫌なことが起きた時に
自分でどう反応するか、選ぶことができます。

人生においてあなたが持っている力がもとめられます。
一つでもできることがあるならば、逃げてはならない。

躊躇うこころがチャンスを逃します。
何かを成し遂げずにやりすごすものでない、
さもなくば頭が白くなってから、後悔するであろう。

<岳飛 「満江紅」の一部>
三十功名塵與土,八千里路雲和月。
莫等閒、白了少年頭,空悲切。

三十にもなったが、その戦功はまだちりと土、
形になっていない。
これからは八千里の長征へ
雲と月とともに昼夜兼行で行こう。
急がなければ、
この少年の頭はすぐ白髪になる。
その時になったら、ただただ空しく悲しむ。


1868年

1968年 日本は明治元年で、大きく時代が変わった年です。

 ヴィクトリア朝時代を代表する偉大な政治家が、保守党のディズレーリと自由党のグラッドストンが活躍した時代で、1この二人の政治家のもとで、保守党と自由党による典型的な二大政党制が発展した。
 グラッドストンは、第2回選挙法改正後に行われた1868年の総選挙では自由党が勝利し、第1次グラッドストン内閣(1868~74)が成立した。グラッドストンは、主に内政問題に力を注ぎ、1870年には教育法を制定して宗派に関係ない公立学校を増設し、翌1871年には労働組合法を制定して労働組合運動を合法化した。さらに1884年には第3回選挙法改正を行い、農業労働者及び鉱山労働者に選挙権を与え、これによって有権者は約500万人(成年男子約700万人中)となった。

アメリカは西部開拓とインディアン戦争の時代です。
 1868年に北部アラスカをロシア帝国から安値で購入した。東海岸や五大湖地方の工業地帯が急速に発展して、鉄道建設は1869年に大陸横断鉄道が完成し、ピークを迎えた。西部の人口はさらに増加し、急速に生活圏を奪われたインディアンは、1860年代から1870年代にかけて、各部族による一斉蜂起を行った。これがインディアン戦争であり、米軍との間で20年以上の争いとなった。結局、蜂起は次々に鎮圧されてゆき、ナバホ族のように領土を一時完全に没収されるか(ロング・ウォーク)、保留地へ幽閉された。指導者は戦いで死ぬか毒殺されるかして部族のコミュニティも壊滅させられ、人口も減少していった。さらにドーズ法はインディアンの社会を根本から破壊し、彼らの土地のほとんどを白人農業者のものとした。1871年、合衆国政府は「合衆国はもうインディアン部族を独立国家とはみなさない。したがって今後はもう主権条約は結ばない」と宣言した。。

 中国は、清の10代皇帝同治帝のころ、母は西太后である。同治3年(1864年)に14年にわたった太平天国の乱がようやく終結した。しかし乱を終結させたのは漢人の曽国藩・李鴻章らの個人の軍である湘軍・淮軍である。西太后に信任された李鴻章により、政治と軍隊の洋化が進められ、対外政策にも柔軟な対応を見せた(洋務運動)。この時期に僅かながら清の国勢は復活し、同治中興と呼ばれる事もある。

 プロイセン国王ヴィルヘルム1世(位1861-88)の時代で、ビスマルクが首相(任1862-90)として、鉄血政策により軍備を強化し、1866年に起こったプロイセン王国とオーストリア帝国との戦争で、プロセインが勝利でドイツ統一にむけて動きだした。1868年のスペイン革命によってイザベラ女王が退位し、空位となっていたスペイン王位に、プロイセン王家(ホーエンツォレルン家)支流の王子レオポルトが立候補し、フランスが反対していました。これをうまく利用して、ビスマルクがナポレオン3世を挑発して、普仏戦争普仏戦争が勃発した。1868年、バイエルン王ルートヴィヒ2世によりミュンヘン工科大学が創立されました。
 


村田諒太 自分の身の丈、考える

 村田諒太は、30日に中国上海で戦いがあります。

 世界中で興行があり、戦いに乗り込んでいく、ボクサーの生活は過酷です。クリスマス、正月、誕生日(1月12日)のお祝いも返上して、2か月余りの試合間隔で、リングで相手に勝つことだけを考えて、練習することは大変です。揺れる思いは、ボクサーにつきものです。

 村田選手は、物事を深く考えてしまうタイプだそうです。知っているだけの世界で、身の丈に合わせて一生懸命、シンプルに生きていくことも良いと思いませんか?と語ってしました。

 ~答えを求めて莫大な情報を得ようとします。でそれには、ほとんどが必要のない、雑音も多い。と語っています。最終的に自分でふるいにかけることでシンプルにしていきますが、「多くを知る」「考える」ことは、必ずしも幸せとは限らない。悩みの種になることは多々あります。~

 ~「広い世界を見なさい」という言葉をよく聞きますが、これって本当にいいことなんでしょうか?そう気楽なことを言ってはいられない社会ではありますが、自分の身の丈を良い意味で考えるような日があってもいいのかなと。背伸びして足がつったら、嫌でも元の高さに戻りますから、足がつる前に休憩して高さを戻したって一緒じゃないのかなと思いました。~

小さな不便の改善

 日々感じる不便なこと'困っていることをなんとか改善しないままでいると、とんでもないことになる可能性があります。あるときに急に視界に違和感を感じるようになって、コンピュータの画面の文字が見えなくなり、仕事にもすこし悪影響が出てきました。夜中に車を運転して、中央の分離帯の切れ目の部分で曲がるはずが、場所を間違えて車の底をぶつけそうになりました。眼鏡の不具合に気がついたら、すぐ交換したほうが良いと思いました。

 新しい眼鏡を16000円のものを2本を買いました。フレームは同じ型で、プラスチックとガラスのレンズで、遠くが見やすいもの、近くが見みやすいものの仕様にしました。視界も良好になり、それまでの違和感がなくなり、気持ちもすっきりします。それまで、不便さを我慢して、眼鏡を買うことを遅らせてきたのを、後悔しています。それまでは、人とすれ違っても、すっきりした気持ちでコミュニケーションできませんでした。

 眼鏡のレンズの寿命は短いので、早めに交換するようにしたいものです。物が見えないと、イライラして肩まで凝るようになります。眼鏡も消耗品と見なせるほど、レンズコストが安くなりました。眼鏡のレンズはコーティングの膜が剥がれやすく、寿命が2年程度です。

 熱、光に弱いので、最初は、汚れ程度にしか見えなくとも、レンズを拭くたびにクラックやキズからコート剥がれが進みます。1年目ぐらいから、コーティングが剥がれたり、クラック(ヒビ割れ)やひずみが生じ、視界に影響がでるようになってしまいます。4万位する高価なレンズを買っても、高価だからといって長持ちするわけでも、ありません。

 身の周りの環境をと整えることは大切です。小さなことにも、気を配り、便利さを第一に考えて、技術を向上させていくことができます。眼鏡のレンズにおいても、まだまだ技術の改善の余地があります。世の中、不便なことを改善のニーズと捉えると、潜在的な市場があることに気づきます。こうすれば、不便なことが減ると、アイデアを考える人は、起業家になれる可能性があります。忍従ということを強いる文化では、創意工夫をするチャンスが少なく、新しいものは生まれません。ビジネスマインドのある人は、不便なことがいっぱいあることを見て、さらなる改善のビジネスチャンスと見ます。

  ピンチっていうのは、物事の見方のひとつでしかないんです。普通の人は、それをピンチと見るかもしれないけど、別の角度から見れば、違うものが見えるかもしれない。ピンチな時にも必ずどこかにチャンスはあるわけで、そこでへこたれさえしなければ、新しい何かを生み出すきっかけになる。

夢に向かって即断・即決・即行動

 最近、会社を辞めた人に出会いました。少し落ち込んで、元気がない感じでした。仕事の内容が自分の思っていたことと違っていたので、やめることを決意したようです。元気がなくなると、運もなくなるので、自信をもって、前を向いて新しい仕事探しに邁進してほしいものです。

 人生は厄介なもので、見たくないことを見たり、知りたくないことを知ることもあります。それだけではありません。甘い夢を見させてくれたり、とんでもない楽しいことにもめぐり合います。いろんなことを知ってから落ち着くこと大切ですが、まだ、人生の良いところ、悪いところを知らないうちに、人生ってこんなものかと、あきらめてはいけません。

 超エリートコースを進んできた芸人「石井てる美」さん(女性セブン2016年2月4日号)は、追い詰められやりたいこと見えたそうです。東大卒業後は世界有数の外資系コンサルティング会社マッキンゼーに入り、今は芸人です。「マッキンゼーでは42.195kmのフルマラソンを100m走の速さで走るような多忙な毎日で、いつの間にか自分を見失ってしまったんです。追い詰められたら、やりたいことが見えてきて、“ああ、お笑い芸人やってみないと後悔する”って。そこでマッキンゼーで教わった“即断・即決・即行動”を実行(笑い)。」

 自分の人生を振替り、本当の居場所がここでいいのかと、自問すれば、面白いと思います。今いる場所に、行動、思考を限定することはもったいないと思います。その理由は、行動力と勇気が少しあれば、楽しい世界が広がっているからです。必要な対価を支払い、挑戦してみることをあきらめなければ、今よりも、素晴らしい人生を送れます。人生のバランスは取れています。得たことで失うものありますし、失うことで得ることもあります。

 人生において、人が自由に活動できる範囲の境界を決めているのは、その人の認識と環境とで、あります。本人ができると思っている以上に可能性があるのに、それができないと、認識している場合もありますし、本人が思っている以上にできないこともあります。チャレンジしてみない限り、わからないものです。チャレンジして失敗しながら、自分の動ける範囲を決めているので、その取り組む姿勢によって、可能性が変わってきます。

 可能性の解釈も、人によって、異なってきます。可能性が、学校の入学試験のように一回で合格、不合格が決まるようなものだけでありません。大学受験の合格・不合格が若い人生に大きな影響を与えることは事実ですが、再度、挑戦して、自分の希望に近いところに入ることも可能です。失敗から立ち上がることを何度もくりかえしている人は、可能性の限界の近くに生きているかも知れません。私たちの課題は、可能性を確かめることもなく、そこそこで満足することです。周囲を気にしながら、波風を立てずに、丸く生きようとすることです。人生において、納得したうえでの妥協をし、リスクある可能性を放棄しています。

 安全で、最小限の心地よい安全地帯生きる場合には、私の存在は、籠の鳥のようであります。毎日、新鮮な水と餌が与えられたら、その中でも、生きていくことができます。その中の生活になれてしまうと、籠の外を自由に飛べる可能性があることを知っても、そのまま生きていくことになりがちです。安全・心地よい生活になれると、置かれたところが、今のあなたの居場所になってしまいます。


新生

 奇跡のコースで有名なMarianne Williamsonの絵本をたまに見ています。50余りの祈りの言葉があります。文字の配置がきれいです。「Spectacularly loved」 それほど、見事な愛ってあるのだろうか?

This season,

May I be reborn

Washed clean

Made new

Forgiven

Spectacularly loved.

Remind me who I am.

Forgive me for my shadow sides,

Please heal my broken wings

That I might fly

With You.

Amen


Marianne Williamson, Illuminated Prayers



彼女の言葉で知られてのは、

「自分が計り知れなくパワフルな存在だということです。」

「自分がすばらしくゴージャスで、才能あふれる、輝かしい存在だって?」と自分自身に疑問をもつ。

実のところ、なぜそうではないと見なすかを考えるべきです。

あなたは神の子なのだから。あなたが小さく在ることは、世のためにはなりません。

他の人が不安を感じないようにあなたが縮むことからは何も生まれないのです。

私たちはみな神から授かった栄光を表すために生まれてきたのです。

それは特別な人だけがもっているものではなく、すべての人間にあります。

その光を輝かせることは、自然と他の人にも同じように輝く許可を与えること。

自分の内なる恐れから解放されることは、
その在り方自体によって他の人を自動的に解放することなのです。

心の自由

 心の自由を取り戻すためには、個人が独自の方法で活動するための時間と空間が必要になります。職場には、個室があり、ある程度の自由は確保されていますが、それでも、自分の活動時間が不足しています。

 最近、共同活動に費やす時間が増えてきます。各種会議を終えると、自分でやるべきことをする時間が少なくなっていることに、気づきます。コラボレーションはとても大切ですが、それと当時に、個人が自分のスタイルに合った環境で、自分の役割を果たすことも必要になります。社会全体が個人よりも優位にある状況では、個人が自由に生きにくいことは、今に始まったことではありません。その生きにくさは人によって異なります。外向的な人が先頭に立って、いろんなことをしようと提案しますが、内向的な人にとっては、負担になることがあります。

 ほかの人といろんな協力活動をする時間が増えて、一人になって、大きなアイデアについてゆっくり考えて準備をする時間が少なくなれば、ストレスが増えてきます。内向的な人が一人でいて充電する時間を持たないと、燃え尽きてしまいます。心の自由が得られる場所を確保したいものです。個人に社会が過剰に要求し、干渉する社会では、多様な価値観よりも、単一な価値観が押し付けられます。

 社会が個人に求めることは、高い理想ではなく、横並び、同じことをする場合には、低次元のレベルで、最大公約数のことを、みんなでやろうとします。最低限のことです。できて当たり前ことを、みんなが守ることにより、秩序が保たれます。わざわざやるべき必要性のない、価値がないことにみんなで取り組もうとすると、滑稽になります。高い目標に向かって頑張るときには、やる気がでるかもしれませんが、低い目標で、わざわざ活動をやるのは、やる気が削がれます。

 本当は、心の羽根を伸ばせる、オアシスがあれば、心が充電されて、安らげるかもしれません。

自動翻訳の時代

 努力なしで、外国語を理解する方法を考えてみましたが、結論から言えば、努力して、外国語を理解するには勝ることはありません。自動翻訳の時代で、それをうまく利用すれば、自分の知識の限界を少し広げることができます。

 コンピュータのソフトウェアを「人口無能」と読んで、侮ってはいけません。IBMの人工知能システム「ワトソン」は、驚くべきテクノロジーです。人間と将棋で勝負しても簡単に勝つことができます。将来、IBMのワトソンのような技術が発達すれば、自動翻訳の実用化が進むと思います。データベースから洗練された言葉を選択してくれそうです。今の自動翻訳のソフトウェアでも、かなり便利ですが、インターネットの。翻訳を使えば、とりあえず、文章が何について書かれているかを、文章以外もヒントにして、推量をすることができます。外国語から怪しい日本語に変換されると、よほどの必要性がない限り、読む気は減ってきます。

 英語以外の第二外国語について、文章だけでも読める方法はないかと考えてやってみました。類似性の高い言語では、翻訳は、例えば、イタリア語⇔スペイン語、英語⇔ドイツ語⇔オランダ語では、日本語よりも、翻訳がやりやすそうです。英語以外の第二外国語については、英語と日本語に、訳して、双方を利用して、理解できないかと、試みました。

 ドイツ人の書いた本(日本語訳)を読んでいて、原文について、一部を調べてみましたが、ドイツ語→日本語変換では、理解できない文章が発生しました。ドイツ語→日本語、ドイツ語→英語の自動翻訳をして、不自然な個所を減らしていくと、少しは読みやすくなります。意味不明瞭な個所は、存在しますが、大量文章をとりあえず理解するときには、つかえようです。辞書を調べる回数が減る程度のご利益しかありませんが・・・・

<フィル・ボスマンス神父の引用>

Auch dumme Gewohnheiten lassen sich verlernen.
Even stupid habits can unlearn.
でも愚かな習慣を捨て去ることができます。


Christentum: die Liebesgeschichte von Gott und Mensch.
Christianity: the love story between God and man.
キリスト教:神と人間との愛の物語。

Das Gluck kommt niemals per Postscheck und Girokonto.
Happiness never comes giro checks and checking account.
幸福を、振替小切手や当座預金口座が与えてくれることはありません。

Das Leben wird ein Fest, wenn Du Dich freuen kannst an einfachen, alltaglichen Dingen.
Life is a festival when you can look forward to simple, everyday things.
あなたが簡単な日常的な物事を楽しめるときに、人生は祭りです。

Den tiefsten Kern der Dinge entdeckst du nur mit dem Herzen.
The deepest core of things you discover only with the heart.
あなたは心で物事の最も深い核心を発見します。

Der Mensch ist und bleibt in seinem tiefsten Wesen ein Sucher, aber meistens wagt er nicht, weit genug zu gehen.
Man is and remains in its deepest essence a viewfinder, but mostly he does not dare to go far enough.
人間は、彼の最も深い存在として探求者のままですが、大抵は敢えてそれ以上行きません。

Meistens folgt er falschen Gottern, die ihm ein glanzendes Paradies versprechen.
He usually follows false gods who promise him a brilliant paradise.
人はいつも華麗な楽園を約束する偽りの神々に従います。

Aber wenn er dann hineintritt, zerplatzt es wie eine Seifenblase.
But if he enters into it then it burst like a soap bubble.
しかし、 人がそこに入ったとき、それは石鹸の泡のように破裂しました。


Dunne Liebe sieht uberall dicke Fehler.
Skinny Love sees everywhere thickness error.
薄い愛はどこにでも厚い偽りを見ます。


Ein frohliches Gesicht ? und schon lacht die Sonne.
One happy face - and already the sun is shining.
一つの幸せな顔 - と、すでに太陽が輝いています。

Ein glucklicher Mensch bringt Segen, ein unglucklicher Mensch macht Sorgen. Ein glucklicher Mensch ist nicht gefahrlich. Er hat erfahren, das Gluck aus vielen Teilen besteht.
A happy man brings blessing, an unhappy man is worried. A happy person is not dangerous. He has learned that happiness consists of many parts.
幸せな人は祝福をもたらしましすが、不幸な人は心配しています。 幸せな人は危険ではありません。彼は幸福は多くの部分から構成されていることを知りました。

Ein glucklicher Mensch verliebt sich nicht in seine eigenen Probleme. Er tut selbst etwas und erwartet nicht alles von anderen.
A happy person is not falling in love with his own problems. He himself does something and does not expect anything from others.
幸せな人は、自分自身の問題と恋に落ちていません。 彼自身は何か行動して、他人に何も期待しません。

Ein Mensch kann nicht auf Erden leben, wenn er nicht in Kopf und Herz ein Stuckchen Himmel hat.
A man can not live on earth when he is not in the head and heart has a little bit of heaven.
人が、頭と心に天国を持っていないときに、人は地球上に生きることはできません。


Fang den Montagmorgen mit der Stimmung von Freitagabend an.
Fang Monday morning with the mood of Friday night.
金曜日の夜の気分で月曜日の朝を始めよう

Gewalt andert nichts, nur die Namen der Machthaber.
Violence does not change, only the names of those in power.
暴力は、権力者の名前だけを変更しません。

Glauben: Weitersehen, durch die Dinge hindurch, auf ihn, der dahinter steht.
Faith: Unfold, through things, to him who is behind it.
信仰:物事を通して、その背後にある人に向かって展開します。

Gluck ist wie ein Schatten, der dir folgt, wenn du nicht daran denkst; es ist wie ein Echo, das antwortet auf die Gabe deiner selbst.
あなたが幸福について考えていないときに、幸福は、次の影のようなものです。 それはあなたの贈り物に応答するエコーです。
Happiness is like a shadow that follows you when you do not think of it; it is like an echo, which responds to the gift of yourself.


Gluck kannst du nicht kaufen. Liebe gibt es nur umsonst.
Fortunately you can not buy. Love there is only vain.
幸せを、あなたは購入できません。 愛はただ無償で存在します。

Glucklich ist der Mensch, der dem Gluck nicht hinterherrennt wie einem Falter, sondern dankbar ist fur alles, was ihm gegeben wird.
Happy is the man who does not runs after happiness as a butterfly, but is grateful for everything that is given to him.
幸せであるのは、蝶のように幸せの直あとを追う人でなく、彼に与えられているすべてのものに感謝する人です。

Humor und Geduld sind die Kamele, mit denen wir durch jede Wuste kommen.
Humor and patience are the camels, with whom we come through any desert.
ユーモアと忍耐はラクダです。それにのって、我々はどんな砂漠も通過してきました。

Ich sollte keine Insel sein in einem Meer von Menschen.
I should not be an island in a sea of ??people.
私は人々の海に浮かぶ島であってはなりません。

Jesus ist das Wort Gottes. Alles, was Gott den Menschen zu sagen hat, ist: Jesus.
Jesus is the Word of God. Everything that God has to say to people is, Jesus.
イエスは神の言葉です。 神が人々に言っているすべてのことはイエスです。

Lachen ist die beste Kosmetik furs Ausere und die beste Medizin furs Innere.
Laughter is the best cosmetic for the exterior and the best medicine for the interior
笑いは、外に対して最高化粧品で、内面の最良の薬です。

Lerne, alt zu werden mit einem jungen Herzen. Das ist die ganze Kunst.
Learn to grow old with a young heart. That's the whole trick.
若い心で成長してさい。それは全体の芸術です。

Mehr als Geld brauchst du Liebe. Liebe ist die Kaufkraft des Glucks.
More than money you need love. Love is the purchasing power of happiness.
あなたはお金よりも愛を必要とします。 愛は幸福の購買力です。


Mensch, du bist geschaffen nach dem Bild eines Gottes, der Liebe ist. Mit Handen, um zu geben, mit einem Herzen, um zu lieben, und mit zwei Armen, die sind gerade so lang, um einen anderen zu umarmen.
Man, you are created in the image of a God who is love. With hands to give, with a heart to love, and with two arms, which are just long to embrace another.
人間、愛である神のイメージでつくられています。 愛する心、与える手、お互いに抱擁するにぴったりの長さの両腕をもっています。


Menschsein, ein guter Mensch, das ist das wichtigste in der Welt.
Humanity, a good person, which is the most important in the world.
人類、善良な人、それは、世界で最も重要です。

Millionen wurden jubeln uber die Lebensmittel in unseren Mulleimern.
Millions would rejoice about the foods in our dustbins.
何百万人は、私たちのゴミ箱内の食べ物を喜ぶだろう。

Mit wenig zufrieden sein und viel geniesen ist die Kunst und das Gluck von wirklich freien Menschen.
With his little satisfied and enjoy a lot is the art and the happiness of truly free people.
真に自由な人々の幸せ、芸術は、少なきもの満足して、大いにお楽しむことに、あります。

Noch nie gab es soviel Freizeit, soviel Urlaub, soviel Entspannung.
Never before has so much free time, so much vacation as much relaxation.
決して前に、多くの余暇、多くの休暇、自由な時間がありませんでした。

Noch nie gab es soviel Genusmittel, soviel Alkohol, soviel Drogen.
Never before has so much luxury food, as much alcohol as much drugs.
決して前に、多くのアルコール、薬のように、そんなに豪華な食べ物はありませんでした。

Noch nie gab es so bequeme Verkehrsmittel, so gut eingerichtete Wohnungen, so hohen Lebensstandard.
There has never been so convenient transportation, so well-furnished apartments, so high standard of living.
それほど、便利な交通、家財の整ったアパートメント、高い生活標準がありませんでした。

Und noch nie gab es soviel ungluckliche Menschen, soviel gescheiterte Ehen, soviel zerruttete Familien.
And there have never been so much unhappy people, as many failed marriages, as many broken families.
そして、多くの失敗した結婚、多くの壊れた家族のように、そんなに不幸な人はいません。

Noch nie gab es so wenig Freude.
Never has there been so little joy.
まだ。 少し喜びもありません。


Suche nicht grose Worte, eine kleine Geste genugt.
Search no big words, a small gesture is enough.
大きな言葉を探さないで、小さな身振りで十分です。

Teile dein Brot, und es schmeckt besser. Teile dein Gluck, und es wird groser.
Share your bread, and it tastes better. Share your happiness, and it gets bigger.
あなたのパンを分かち合いなさい、味が良くなります。あなたの幸せを分かちなさい、幸せはもっと大きくなります。

Um ein bischen glucklich zu sein, ein bischen Himmel auf Erden zu haben, must du dich mit dem Leben versohnen, mit deinem eigenen Leben, wie es nun einmal ist.
In order to be a little lucky to have a little heaven on earth, you have to be reconciled with life, with your own life as it is now.
地球上で小さな天国を持って少し幸運であるために、あるがままの自分の人生とあなたは和解しなければなりません。


Vergis nicht: Jeder Tag wird dir gereicht wie eine Ewigkeit, um glucklich zu sein.
Do not forget: Every day is served to you like an eternity, to be happy.
忘れてはいけません。幸せになるために、毎日が、永遠のように、あなたに与えられています。


Vernichtet eure Kernwaffen: Verleumdung und Luge, Habsucht und Has!
Destroy your nuclear weapons: slander and falsehood, greed and hatred!
あなたの核兵器を破壊しましょう。中傷と虚偽、貪欲と憎悪:


Wenn du einzig und allein an der Oberflache lebst, wenn dich nur dein Ausen interessiert, deine Aufmachung, dein Aussehen und dein Ansehen, dann hangt dein Gluck an einem launischen Pendel: heute glucklich ? morgen unglucklich, heute in Stimmung ? morgen verzweifelt.
If you live solely on the surface if you are interested in just your outdoor, your presentation, your looks and your reputation, then your happiness depends on a capricious pendant: happy today - tomorrow unhappy today in mood - tomorrow desperate.
あなたは表面だけに住んでいればあなたは自分の屋外、プレゼンテーション、あなたのルックスとあなたの評判に興味がある場合は、あなたの幸せは、気まぐれなペンダントに依存します。幸せな今日 - 明日は不幸な今日の気分で - 明日絶望的。

Wenn wir glucklich sein wollen, mussen wir einen Preis dafur zahlen. Der Preis fur unser Gluck: das wir uns selbst geben, nicht mehr und nicht weniger.
If we want to be happy, we must pay a price. The price of our happiness: that we give ourselves, no more and no less.
私たちは幸せになりたい場合は、代金を支払わなければなりません。 私たちの幸せの価格は、自分自身が与えたことにほかならない。


Wer im Bauch des goldenen Kalbes wohnt, sitzt in einem ungemutlichen Gefangnis.
Who lives in the belly of the golden calf, sitting in an uncomfortable prison.
誰が不快な刑務所に座って、金の子牛の腹に住んでいます。



Wollen wir uberleben, dann mussen wir anders leben. Andere Werte wichtiger nehmen als Geld und Bequemlichkeit, einen neuen Lebensstil entwickeln. Wir werden erst bruderlich teilen, wenn wir bruderlich leben konnen.
Want to survive, we, we have to live differently. Other values ??take more important than money and convenience, develop a new lifestyle.
We will only share fraternally, if we can live as brothers.
生き残るためにしたい、我々は、我々が異なって生きています。 他の値は、新しいライフスタイルを開発し、お金と利便性よりも重要になります。
私たちは兄弟のように生きることができるならば、我々は唯一の、兄弟のように共有することになります。

Zeit ist keine Schnellstrase zwischen Wiege und Grab, sondern Platz zum Parken in der Sonne.
Time is not an expressway between cradle and grave, but space to park in the sun.
時間は揺り籠と墓場との間にある高速道路ではありませんが、陽だまりの駐車スペースです。

Zur Gewalt must du hassen lernen. Zur Gewaltlosigkeit must du lieben lernen.
o violence you have to learn to hate. To violence you have to learn to love.
暴力に向かうと、あなたは憎むことに学び、非暴力に向かうと、あなたは愛することを学びます。








すべてが順調です

リジューのテレーズ Everything is a grace because everything is God's gift.

「すべては恵みである、すべては私たちの父の愛の直接的な影響である-困難、矛盾、屈辱、すべての魂の悲惨さ、彼女の重荷、彼女のニーズ-すべて、それらを介して、彼女は謙虚さを学び、彼女の弱さを理解します。 すべては神の賜物であるため、すべては恵みです。 どのような人生の特性またはその予期せぬ出来事である-愛する心に、すべてが順調です」。

Everything is a grace, everything is the direct effect of our father's love - difficulties, contradictions, humiliations, all the soul's miseries, her burdens, her needs - everything, because through them, she learns humility, realizes her weakness. Everything is a grace because everything is God's gift. Whatever be the character of life or its unexpected events - to the heart that loves, all is well.” St. Thérèse de Lisieux

快適ゾーンの外

I used to say that football is an everlasting new beginning and that’s like life too. Every week you have to push yourself out of your comfort zone to give your maximum so that you can win every possible game

Olivier Giroud FW Aresenal

サッカーは永遠に続く新しい始まりであり、人生のようなものであると、私は言ってきた。毎週、あなたの最大限の力を出すために、快適ゾーンから出る必要がある、それにより、すべての可能な試合に勝つことができる。

一試合一試合が厳しい優勝の生き残りの争いをする中でのアーセナルのOlivier Giroud 選手の言葉です。置かれている状況が「An everlasting new beginning 」の言葉の深さを物語ります。安心できることから一歩もでなければ、新しいものは生まれません。いつも同じことをしているわけにはいきません。居心地の良さに安住し、そこでできることをしても、現状維持のままです。失敗しないように慎重に生きるだけでは、人間的に成長しません。普通の生活を送る一般人にとっても、快適ゾーンの外にでると、多くの得られるものがあります。どのようにしたら、快適ゾーンからでられるか?

1、人目を気にしないで、面白い、馬鹿げたことをしてみる。
2、失敗するかもしれない新しいことにチャレンジするときに、起こりうる最悪のことを知る。
3、恐れていることに向きあう。
4、リスクをとることになれる。
5、人生の最大のレッスンはリスクをとったり、快適ゾーンから出て生活することで学べる。
6、見知らぬことを楽しむ。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。