So-net無料ブログ作成

見えるロボット工場

 北九州市八幡にある産業用ロボットの製造を行う企業安川電機を訪問しました。溶接、組立て、塗装、ハンドリングなど、さまざまな作業を自動化する産業用ロボットで世界シェアで上位の企業です。予約すれば内部を見学できるそうです。安川電機みらい館の展示室にあるロボットを操作しながら経験できるようになっています。AIと画像処理技術を用いてルービックキューブを解くことができるロボットの実演もありました。クリーンルーム内作業の自動化・生産性向上を実現する水平・垂直の多関節型のロボットの実演がありました。搬送物の反転や傾斜移載など、自由な姿勢変換が可能な垂直多関節形、旋回半径が小さく、省スペースでの液晶基板搬送が可能な水平多関節形を用いて、自由自在にものを動かしていました。

 産業用ロボットの2つの製造ラインを見学して、最新工場の概要を知ることができました。セル生産方式と呼ばれる1人または数人で、部品の取り付けから組み立て、加工、検査までの全工程を担当する生産方式を見ることができました。製品であるロボットをラインのロボットが組み立て作業を行っていました。また、人間がロボットの電気の配線をしたり、外観検査をして、チェックしていました。クリーンルームでは、大きな液晶ガラス、半導体のSiーWaferの搬送装置用のロボットを作っていました。

 

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。