So-net無料ブログ作成

身体は人生の履歴書

7つのチャクラ  魂を生きる階段
キャロライン・メイス  川瀬勝一・訳  サンマーク文

「身体は人生の履歴書」

 さわやかな生き方、はつらつとした生き方をしている人は、生命力が体からあふれています。

「すべての思考は、まず気の形態で体内に入ってくる。感情的、精神的、あるいは心理的、霊的なエネルギーをもつものは生物的な反応を生み出し、つぎに細胞組織系に蓄積される。このようにして、私たちの人生は、毎日ゆっくりと、身体系へと織り込まれていくのである。」

 健康を気遣うことも大切です。ネイティブアメリカン・ラコタ族は、癒しの言葉として、身体に感謝の言葉で語りかけていました。「ホーミータクヤセン」

 これまで経験したことの感情が身体に記憶されているので、健康的考え方をしていないと、体調不良になります。病は気からという言葉を聞いたことがあると思います。病気になるのは、ネガティブな感情が支配的な力をもつときです。気持ちが身体に影響を与えており、それが蓄積されると、いろんな病気が発生してきます。

 「あなたの肉体のまわりには、腕を完全に伸ばしたところまで、全身を包んでいる「気の場」がある。私たちはまわりの人の身体とメッセージのやりとりをする。感情のエネルギーは、「意識の電流」として、人間の身体に影響を及ぼしています。仕事でほめられたとき、親切な行いをしたとき、あるいは誰かを助けてあげたときのことを思い出してみよう。体内にある内面の力があふれ出し、プラスのエネルギーを感じるはずだ」

 「人生が展開していくなかで、私たちの身体の健康状態は、生命が息づく履歴の体現だ。身体は、自分のもつ強みや弱み、希望や恐れを表すのである。すべての思考は、どれも身体を駆けめぐり、生理学的な反応を引き起こしている。思考のなかには、爆雷のように全身に反応を起こすものもある。たとえば恐れは、身体のすべての系を起動させる。」




nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。